スタッフ紹介

一人一人に向かい合った産婦人科診療と、地域に貢献するクリニックであることを心がけております。年齢、国籍、信条、性自認、性指向、学歴、職歴等々関係なく、皆さんが住みよい環境づくりを行う仲間になれるような場所づくりを目指します。 皆様に寄り添い、力を合わす機会を得ることをスタッフ一同、心より願っております。

院長

古澤 祐紀
略歴
1999年 東京女子医科大学卒業
大学卒業後は地域医療を志し、初期研修は中野共立病院で内科研修、後期研修は国立国際医療センター産婦人科で産婦人科専門医資格を取得。
以降は個人病院で産婦人科、女性泌尿器科外来診療を行い、
2009年東條ウイメンズクリニック上大岡勤務、
2016年同クリニック院長を経て
2018年Birth&Ladies’Clinic Solaを開業。
所属学会
日本産科婦人科学会
日本東洋医学会
資格
日本産科婦人科学会 産科婦人科専門医
母体保護指定医

38歳の時、自分の体を深く見つめる出産をしたくて一人で自宅出産。自分で息子を取りあげた。高齢初産ながらも安産で、産休なし、育休4日でフルタイムの外来勤務を再開、ネパール人のベビーシッターさんの協力を得て週5勤務をしながら1歳まで母乳のみで育児をした。
すべての人が自分の幸せを実現できるような社会を目指して、地域医療・女性医療の分野で尽力したいと思い開業に至る。

非常勤医師

早乙女 智子
略歴
1986年 筑波大学医学専門学群卒業
2019年 京都大学大学院医学研究科女性生涯看護学 博士(人間健康科学)
1986年 国立国際医療研究センターにて研修医、臨床薬理学教室、レジデント終了
1991年 東京都職員共済組合青山病院産婦人科主事
2000年 NTT東日本関東病院産婦人科
2003年 回生会ふれあい横浜ホスピタル産科医長
2006年 神奈川県立汐見台病院産科副科長
2016年 倖生会身原病院産婦人科常勤医
2018年〜 公財)ルイ・パストゥール医学研究センター研究員
2020年〜 神奈川県立足柄上病院産婦人科非常勤
委員会、学会等
日本医師会、日本産科婦人科学会(専門医1991~)、日本性科学会(2020年~副理理事長、認定セックスセラピスト2000年~)、日本生命倫理学会(評議員)、世界性の健康学会(WAS)学術委員(2018~)、理事日本人口学会会員(2021〜)、日本女医会会員、日本母性衛生学会会員

2012年 現在 消費者庁消費者安全調査専門委員
2016年 厚生労働省社会保障審議会人口部会委員
2016年 厚生労働省エイズ・性感染症小委員会委員
2012年 一般社団法人性と健康を考える女性専門家の会代表理事(会員1997年~)
2021年 世界性の健康学会(WAS) 理事(1995年 WASポスター賞受賞)
2019年〜 日本性科学会副理事長、セックスセラピスト(2000年認定取得)
2011年〜 国際協力NGOジョイセフ理事
2018年〜 日本性教育協会(JASE)運営委員
2019年〜 日本生命倫理学会評議員

スタッフ 助産師

Birth担当 岡村 やよい
略歴
助産師となり大学病院勤務から総合病院、個人病院、助産院での勤務を経て
2011年3月 うみと森助産院(横浜市戸塚区)開院。
2016年もっと大きな声でお誕生の軽やかさ、自由、美しさを伝えていきたいと決意、Sola開院準備のため閉院。
2018年4月Birth&ladies’ClinicSola開院。Birth担当。