子育つ 信頼すると楽になる ついでに反抗期

子育つ 信頼すると楽になる ついでに反抗期

息子(18歳)がイタリアに旅に行きました
2週間のひとり旅 しかも自転車担いで
海外は高校の部活の合宿でマドリードに行ってはいますが、その一回のみ
そして、ひとり旅ははじめてです。

うぇ~ってなって、大丈夫?ですか~?‥って心境

自転車って
せいぜい江の島あたりまでしか行ったことないやん⤴
1日何キロ走るの?
組み立てられんの?やん⤴

WiFi持っていかなくて大丈夫?
イタリア語、いや英語もしゃべれんやん⤴

お金、クレジットカード間に合わないやん⤴
現金持ってってすられたりしたら大変やん⤴

次々と問題が仮想世界で発生して
言っちゃうよね~

大丈夫?

そしたら、息子の機嫌がみるみる悪くなっていって
もう、ろくに答えてもくれなくなって
そしたら、余計色々言いたくなって
一応 (多分) 浪人中のはずだし!と怒りも沸いてきたりして

で、唐突に気づく(いつものパターン)

私が勝手に作った仮想世界の中で勝手に不安になってる!!
楽しいこと、はじめてのことでわくわくしている息子の気持ちを台無しにしている!! って

もうはっきりとわかった‥
私が言っていることはほんとに余計なことだったこと
そんなこと言われたら気分悪いわ!! ってようやくわかった‥

息子が悪いんじゃなかった

可愛げがないなぁ‥とか
イタリア行かせてあげるんだよ、それだけでも理解ある母親じゃん!とか思って
心配だから言ってるんだよ って 
まだそこに居たの!!私!!

だから、不安を手放して、不安から動くことをやめて
一緒に楽しむことにしたんです
そしたらほんとに楽しくなってきて
ものすごく楽しんでるんだよ、息子くん
波動を受け取りました

そしたらみるみる機嫌がよくなって
関係もよくなって
心配はみじんもなくなりました~☆

信頼、そうです!! 信頼でした!!

起きることは全て宇宙の采配
そして
私たちはしあわせになるために生まれてきている

だから
大丈夫!

そう気持ちが変わったら
息子くんの成長がきらきらと嬉しくて
この成長を感じられるしあわせに満たされて、いい気分なのです。

旅はまさに人を育てます  ね。
それはもう構想の段階から

やっと体感しました、できました。

小さかった時から、この信頼感をもって見守っていたら
毎日がどれだけ楽しかったか きらきらと輝いていたか

そんなことしたら危ないよ
ケガするよ
そっち行っちゃだめだよ
もうやめなさい

こうしたらいいんだよ
ほらこうしたらできるでしょ
ね、言うこと聞かないから 言う通りにしないから

どれだけ余計なことを言ってきたんだろう‥
そして、経験を奪ってきたんだろう‥

勝手に子育てつらかった‥って
そういう世界を作っていただけだったんだなぁ‥って気が付きました。

信頼して
大丈夫! なにがあっても大丈夫!
そう見守れたら
成長を感じられることはこんなにも喜びになるんだと
ほんとに今さらながら体感しました。

子育つ、もう楽しみでしかないね☆
なにがつらかったのか、もはや謎‥
全部自分で勝手に作った世界でした‥

ついでにね、
反抗期

私ずっと疑っていたんです。
反抗期、ほんとに必要?って
ほんとに成長の過程なの?って

私も親に反抗しているとき
思い出してもつらいくらいに苦しかったし
息子くんの反抗期、ただただ老けました‥
成長の喜びなんて1ミクロンも感じなかったから

でね、反抗期、いりません!必要ありません!
反抗期、その正体は、信頼されていない怒り なんです!!
信頼されていない怒り、成長とは言いません!

自分が勝手に作った不安や心配、そして制限にがんじがらめになって
ぴかぴかの魂ちゃんのことも信頼できなくなって

満たされない とか しあわせじゃない とか
子育てはつらい とか 苦しい とか

もうそういう仮想の世界は終わりにしましょう‥ね!

息子くんが体感させてくれた
きらきらの成長を見守れる、このなんともしあわせな気分の豊かさ
そして
息子くんも、今日すれちがった少年も、
みんなが今この地球に存在している しあわせになるために生まれてきた魂ちゃんなんだな
っていう信頼感と親近感の心地よさを、安心を
どこかで、心配や不安に支配されてへとへとになっている誰かに届けたい♡ってそう思います♡