性感染症・迅速検査

性感染症とは

主に性行為や性行為に類似した行為によって感染する病気の総称です。細菌、ウイルス、真菌、クラミジア、原虫、シラミなどの病原体が精液、膣分泌物、血液、粘膜、陰毛などを介して感染します。おりものの変化やかゆみなどの症状をとなうこともありますが、自覚症状が乏しいことも多く、気が付かないうちに病気が進行し子宮外妊娠の原因になったり、男女とも腹膜炎や不妊症をおこしたり、多くの人に感染が広がったりする恐れがあります。

性器クラミジア

クラミジアという病原体による病気です。男女とも自覚症状に乏しいことが多いですが、おりものの症状や、排尿痛、不正出血が起こることもあります。炎症が進行すると腹痛や発熱を伴う腹膜炎をおこしたり、不妊症の原因になることもあります。

淋病

淋菌という細菌による病気です。自覚症状が乏しいことが多いですが、おりものの増加や排尿痛、不正出血が起こることもあります。炎症が進行すると腹痛や発熱を伴う腹膜炎をおこしたり、不妊症の原因になることもあります。

性器ヘルペス

ヘルペスウイルスによる病気です。感染しても必ずしも発症するとは限りませんが、一般的な初発症状としては、外性器周辺に小さい水疱が出来て、この水疱がつぶれて潰瘍になり、かゆみや、ときに激しい痛みをおこします。鼠径リンパ節が腫れたり発熱することもあります。症状が改善した後もウイルスは体内に潜伏するため、体の抵抗力が落ちた時に再発をすることがあります。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスによる病気です。外性器や肛門周辺にいぼができて次第に大きさも範囲も広がっていきます。無症状のことがほとんどですが、ときにかゆみを伴うこともあります。感染してから発症するまでの期間や、一度治ったようでも再発する可能性のある期間が長いため、完治するまでの通院や経過観察が必要になります。

膣トリコモナス症

トリコモナスという原虫による病気です。性行為以外でもタオル、下着、浴槽などから感染することがあり、性交経験がない人にも感染します。一般的にはおりものの増加、かゆみ、排尿痛などの症状を伴うことが多いです。

毛じらみ

体長1㎜くらいの毛じらみによる病気です。性毛に卵が産み付けられ、外陰部に寄生し、強いかゆみをおこします。

梅毒

梅毒トレポネーマという細菌による病気です。感染後2~3週ころに外性器や子宮頚部に固いしこりができて潰瘍になりますが、これらの病変は数週間で自然になくなります。感染後2~3カ月ころから、全身に発疹などの皮膚症状が現れます。これらの症状は数週から数カ月でなくなります。無治療の場合は心血管梅毒、進行麻痺、などを発症します。

B型肝炎

B型肝炎ウイルスによる病気です。ウイルス保有者の血液や体液を介して感染します。主な感染経路は性感染、血液感染、母子感染です。急性肝炎、慢性肝炎、時に劇症肝炎を発症することがあります。

HIV感染症

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)による病気です。HIVは血液、精液、膣分泌液、母乳などに多く分泌されるため、主な感染経路は性感染、血液感染、母子感染です。HIVに感染してから6か月~10年の潜伏期間を経て、発症(エイズ;後天性免疫不全症候群)すると、免疫力が著しく低下し、様々な感染症や合併症を起こすことがあります。

性感染症迅速検査

当院では性感染症の症状が疑われる場合や、パートナーが性感染症の場合は保険診療にて検査を行っております。
保険で検査を行った場合、結果をお伝え出来るのは1週間後になります。
ご希望の方には、保険適応外になりますが、当日結果をお伝え出来る「性感染症迅速検査」を行っております。

性感染症迅速検査セット(HIV・B型肝炎・梅毒) 3,500円(税別)

※採血当日30分で結果をお伝えします。
(予約制となっております。事前にお電話にてご連絡ください。)


クラミジア迅速検査(帯下) 3,000円(税別)

※おりもの検査当日20分で結果をお伝えします。