おりものの症状

おりものとは

おりものは、子宮頚管からの粘液と膣からの分泌液が混ざったものです。子宮頚管からの粘液は月経周期に伴うホルモン変化によって量も性状も変わります。ホルモンの多い排卵期には透明で水っぽく糸を引くようになり、量が増えます。またホルモンによって膣内の乳酸菌も繁殖します。乳酸菌の働きで膣内が酸性に保たれ、病原菌の侵入や雑菌の繁殖を防いでいます。

正常なおりもの

正常なおりものの量は年齢、月経周期や個人の体質によっても変化します。初潮が来る頃からおりものがみられるようになり、20~30代で最も量が多くなります。妊娠期にもおりものは増えますが、乳酸菌の量が減り膣内の酸性度が低くなります。閉経すると膣分泌がみられなくなります。
色は透明~白~クリーム色で、乾くと少し黄色みがあります。
匂いは体臭と同様に個人差があります。また膣内の乳酸菌の影響でヨーグルトのような酸っぱい匂いがすることが多いです。

おりものの症状と病気

特に病気がない場合でも、おりものが増えたり、匂いが変化したり、出血が混ざって濃茶~赤色のおりものがみられたり、かゆみがみられたりすることはあります。おりものの雑菌には正常なバランスを回復する自浄作用があり、不快な症状も自然に治まることがほとんどです。
しかし、病気があっても典型的な症状がおこらないことも多いです。性感染症があっても症状がみられない場合もありますし、初期のがんの場合なども検査をしなければ発見できないこともあります。医者の側でも診察してみなければ判断できかねるケースも多いので、ご心配やお悩みがある場合はお気軽にご相談ください。

おりものの症状から疑われる状態・病気

  • 不正出血
  • 月経期間以外で起こる出血のことを不正出血と呼びます。出血量が少量だったり時間が経過している場合は黒や茶色っぽいおりものが混ざりますし、量が多かったり、出血したばかりだと赤い鮮血が出ることがあります。外陰部や膣からの場合、原因としてはひっかき傷や外傷、湿疹などできもの、潰瘍、かぶれなど炎症、細菌感染や性感染症による炎症からくる出血の可能性があります。子宮からの場合、感染によらない炎症や、外傷、ポリープ・子宮筋腫など良性のできもの、ホルモン周期に伴う一過性の出血、細菌感染や性感染症による炎症、子宮由来の前がん病変やがんによる出血の可能性があります。排尿時に血が混ざる場合は婦人科系の病気のほか泌尿器系の病気や肛門の病気と区別がつきにくいこともあります。

  • 量が多い
  • 年齢、体調、月経周期によっても量が変化しますが、雑菌の繁殖や感染症、ポリープ、粘膜下筋腫、子宮頸がんでも増えることがあります。

  • 悪臭がする
  • 雑菌の繁殖や感染症、タンポンなどの異物の抜き忘れ、進行した子宮頸がんや体がんでもみられることがあります。