骨盤臓器脱とは

骨盤にある臓器(子宮、膀胱、直腸など)が下がってきて、膣から体外に出てしまう状態です。

性器脱と呼ばれることもあります。

主な症状

・お風呂などで陰部に何か丸く触れる。
・椅子に座ると何かが押し込まれるような感覚がある。
・下腹部に下垂感や違和感がある。
・残尿感、残便感
・下着に血がつく。

骨盤臓器脱の治療

保存療法と手術療法に分けられます。
保存療法は、症状が軽い場合は骨盤底筋体操を行う方法、女性ホルモンの膣剤や内服を行う方法、ペッサリーというリング状の装具を入れ、下がった臓器を元の位置に戻す方法があります。
手術療法は子宮摘出手術やメッシュ手術があります。

当院では保存療法を行っております。
保存療法では効果が得られない場合や、重症の場合、初めから手術療法をご希望の場合は手術を行っている病院へご紹介いたします。