ヤッペ法とノルレボ法について


ヤッペ法
プラノバール配合錠(中等量ピル)を使った緊急避妊法。性行為から72時間以内に最初に2錠内服し、その後12時間後にさらに2錠内服します。ヤッペ法は悪心、嘔吐、頭痛など副作用が強く出ることがあります。また重篤な副作用として血栓症を発症するリスクがあります。
妊娠率約2.6%、副作用(嘔気30~50%、嘔吐10%、頭痛2%)

ノルレボ法
ノルレボという黄体ホルモン単体の製剤を性行為から72時間以内に1錠内服します。ノルレボ法はヤッペ法に比べ副作用が少なく避妊効果も高いです。
妊娠率約2.1%、副作用(嘔気3%、嘔吐ほぼ0%、頭痛0.3%)

緊急避妊はあくまで応急対応です。
避妊法として低用量ピルを正しく使用すれば妊娠率は0.3%です。当院では避妊法として低用量ピルを使用することをお勧めしています。

ノルレボ 13,000円(税別)
ヤッペ法 2,000円(税別)
低用量ピル 1,500円/28日分
未成年1,200円(税別)